タニシとカワズの田んぼ生活

とろとろタニシとかわかわカワズの不思議な日常

タニシとカワズの田んぼ生活

Enjoy the Locals.

2022/09/23 雨が降る令和の昼下がり、田んぼ生活の会話

たにしです。

もともと天気が悪い、空が低いで有名な石川県。令和になってから祝日・休日は高確率で雨ですね。

先日は3年ぶりの小松航空祭でした。飛行機大好きかえるはこの日のために、wkwktktkしながら、「ミラーレス機が欲しい!!」「タムロン150-600はバルサム切れしたから違うレンズを買うのです!!」「レンズがほちい! カメラがほちい! CPLフィルターああああああああ!!」と、実にやかまし準備をしていました。

まあ、二日前に仕事が入って:(´◦ω◦`):プルプルしてましたが。(当然、前日の練習も仕事で見に行けない)

航空祭当日も台風接近のため、決して天気はよくありませんでした。

じゃあ次の休みは何しよう? 初めて富山のキバナコスモスを撮りに行こうか? 五箇山の合掌造りを撮りに行くのも面白いね、夕日と散居村を絡めるのも楽しそう……

そう、計画を立てているうちが楽しいのです。

 

本日の天気予報、降水確率90%。

アボーン(´・ェ・`)

 

本日もまた雨。

雨の中写真を撮りに行くツワモノもいますが、たにしはそんな気分じゃありません。

仕方ないので、おうちでYouTubeを見ながらゆっくりまったり過ごすことになりました。

たにし「こないだの航空祭ブルーインパルスの動画あるよ」

かわず氏「ちょっとだけ見ようか」

ちょっとだけ=30分

かわず氏「さあたにし、シャッターを切るタイミングをはかるのです! ここ!! ここ!! ここでシャッターを切るのです!」

たにし「ちー」

かわず氏「ほらほらたにしならどこでシャッターを切るの?」

たにし「……ここと、このあたりかな?」

かわず氏「背景が白い。もっと粘って!」

かわず氏の熱量ェ……

 

本格的にまったりモードにはいってしまい、YouTubeでクラシックを流す頃には……

かわず氏「そうだ、この間買ったお洋服着替えるから、ポートレート撮って撮って!」

いそいそと着替えようとするかわず氏。動画背景に使われている写真を見て、何かを思いついた様子。

かわず氏「……これ! こんな感じの写真が撮りたい!! 撮りに行こうたにし!!(フンスフンス!)」

www.youtube.com

たにし「いいよー。で、どこで?

かわず氏「えっ(絶句)」

たにし「こんな霧の都みたいな橋ってどこにあったっけ?」

かわず氏「……雨なら、新しくできた図書館!! 魚眼レンズを持って行くのです!!」

 

たにし(富山の環水公園がイメージ近いかなぁ……)

2022/9/8 ミラーレスがほしくてむせび泣くかえる

 

f:id:kawazutanishi:20200929222426j:plain

 かわずです。

雨ばかりの夏が終わりました。

この夏は例のアレのせいで何もできませんでした。

 

このところずーっとカメラほしい病にかかっています。

以前にかえるの考える最強のカメラZシリーズの理想形の記事を書きました。

カメラはかっこよくなければモチベがあがりません。モチベがあがらなければシャッターを押せません。というのがかえるの哲学。ほしいカメラを書き散らしていきます。

 

オリンパスOM-D系統

防塵・防滴・強い手振れ補正・キテレツ機能・クラシカルな見た目・小型!!!

→なぜ小型のマイクロフォーサーズセンサーなのか・・・

■富士Xシリーズ

クラシカルな見た目・フィルムシミュレーション

→なぜAPS-Cなのか・・・(X100Vのようなレンジファインダー機は良き)

ニコンDf

生の光を見ることができるレフ機!しかもフルサイズ!オートからAFSまで使える!

→絶妙に厚ぼったい。フランジバックが長いからほかのオールドレンズを遊ぶときに

 補正レンズ付のアダプターしか選択肢がなく描写が落ちる(経験済み)

ニコンZfc

最高の見た目!!ミラーレス

→APS-C・・・

ソニーα7シリーズ

α7Ⅱ以降はボディないてぶれ補正がついている・源流はコニカミノルタ!家電メーカーなのでどのレンズをつけても外観にマッチする(キャノンにニコンのレンズをつけるのも結構だがそれ以上に親和性が高い)・小型のフルサイズミラーレス・形が割りと好み

→レンズから全てそろえなければならない・・・

 

かえるの結局やりたいことは、お気に入りの外観のフルサイズミラーレスを持って、ボディ内手振れ補正を利かせたオールドレンズ遊びから必要なときは飛行機やスポーツなどの写真も難なくこなせるカメラがほしいのです。

 

かえるの考えるαの理想

これはカラバリのないシルバーを模した画像加工とMINOLTAのロゴを入れてみました。天邪鬼ですが、かえるは黒ボディよりシルバーのほうが好きです。

ミノルタも初代からコニカミノルタにいたるまで結構ロゴを変えていますが、このα二あうのはこの字体かなと思いました。コニカミノルタ時代のものです。

 

ミラーレスにしたら、星のピントあわせが楽になりそうなので夢が広がりますね。

後はバッテリーもちとEVFになれることができるかと、センサーに常に処理をさせているので熱かぶりとかが気になります・・・

 

 

2022/08 ヤツは忘れた頃にやってくる……10日目

たにしです。療養生活もいよいよ終了。

たにしはメンタルが絹ごし豆腐なので、仕事復帰に不安を覚えます。

きっとこれのもっと酷いバージョンが「夏休み明けに学校に行きたくない」不登校の気持ちなのかもしれません。

とはいえ、「杞憂に終わる」という言葉もあるとおり、心配事の9割は実際に起きないらしいので、その言葉を合言葉に、「不安なら手を動かせ」を地でいった最終日です。

 

6:30 起床

起きます。いつもどおり、普段の生活どおり朝ごはんを作りにいきます。

空いた時間に拭き掃除など。

 

7:30 朝ごはん

あるものご飯。明日になれば生野菜が食べられると信じて、野菜ジュースを飲みます。

今日は人生初、「ターンオーバー」で焼いてみました。

普通の片面だけ焼く焼き方は「サニーサイドアップ」というのですね。メタルギアソリッド3で初めて知りました。

10日前に仕込んだ塩豚もこれで終了です。便利でした。

 

9:00 洗濯

自宅にいる時間が長いと家事がはかどります。

 

9:30 本を読み始める

この時間の範囲で本を読み進めます。

たにしが今回読んでいた本は、ヒューマンエラー関係の本です。これ、いろんな職種にも当てはまるなあと実感しつつ読みました

 

10:00 健康チェック

定期的にきちんと入れます。これで最後ですね。

 

12:00 昼ごはん

あるものご飯。冷蔵庫の中に残っているものをあっためて食べます。耐熱容器なのでそのままレンチン出来ると気づきました。前日と同じでも気にしない。

 

13:00 読書再開

しかし、そろそろ同じ内容に飽き始めます。

15:00くらいに本格的に集中力が切れ始め、終了。

 

15:00 何をしていたのか覚えていない。

たぶん、動画とかだらだら見てたんじゃないでしょうか?

 

18:30 ふるさと納税で注文していた品が届く

このロングバケーション、することなさ過ぎて節税について考えるようになりました。

お醤油2本とお酢1本。しばらく料理に困らなさそうです。

 

18:40 食事の準備

「そうだ、大量にある鶏肉を消費しなければ」という思考のもと、夕食のメニューが鶏肉の南蛮漬けになりました。この後3食続きました。

 

19:20 夜ごはん

鍋ぎっちぎちに鶏肉を漬け込んで作った南蛮漬け。おいしい。味わかる。

炭酸を買い込んでおくと、簡単にメロンソーダが作れて良きです。

 

22:00 就寝

食事以降は何をしていたのか記憶にはないのですが、たぶん何かしていたのでしょう。

絶望と不安を抱えながら就寝。

 

 

振り返ってみて

今回は自宅療養だったため、宿泊療養よりは空間を広く使えるため閉塞感はありませんでした。もともとインドア派なこともあります。

不安だったことは「他人からの目」です。

どうしてもコロナ流行当初の2020年は偏見がある印象でした。基本の感染対策ができてなかったんじゃないかなど。

今回のことを通して、「ああ、今は前よりもコロナに対して寛容ではあるんだな」と感じました。

コロナで仕事を休むということは、心的にプレッシャーです。多かれ少なかれ、誰しもが思っていることでしょう。

仕事復帰をしてみて、「おかえり」「体調は大丈夫?」と声をかけていただけることもあり、とてもありがたかったです。

今回、たにしは「自分が職場に持ち込んだのでは?」とずっと気に病んでいました。

職場はすぐに感染対策をとっており、おそらく、たにしから周りにはほぼ感染していない様子でした。(部署での感染もなし)これには安心。

部署の方も優しく迎え入れてくれたので、また改めてやっていきたいと思います。(それでも被害妄想が酷く落ち込むこともあります)

また、前回は大混乱の中、早々に感染してしまったのですが、今回は職場が慣れていたこともあってスムーズに進んでいたように思います。たにしも少しばかり仕事のお願いをしましたが、何とかなっていたようです。事前準備って大事だなと思いました。

まあ、それでも足りなくて困ったところもあったようですが、その仕事はたにしの職務外なので気にしないようにします。(じゃないと病む)

 

自宅療養の不安は通院できない(医者にかかれない)、食事の心配が主だと思います。

症状が強い方は不安と戦っていらっしゃると思います。でもまずは「治すこと」が最優先です。何も考えず、とにかく、よく寝てよく食べるしかないと思います。昼夜逆転だけには気をつけましょう。

とりあえず治って、生きていればいいのです。

個人的に療養にお勧めだと思うもの。

龍角散のど飴→前回、喉を痛めたため、重宝しました。今回は未使用。

②野菜ジュース→買い置きできるとベスト。野菜がとれない不安が多少ましになる。

③解熱鎮痛剤→自分に合ったもの。たにしは頭痛もあるのでイブを常備しています。熱が出たらとりあえず飲む。

④水分摂取→やたらと喉が渇いたので飲んでいましたが、基本は麦茶でした。夏は脱水の心配もあるので粉末ポカリとかあると便利かもしれません。(それでも1日500mlですが)

⑤太陽光→これは今回とても感じた。前回は冬、しかもホテルだったので部屋に日の光が入らない。太陽光浴びないと鬱っぽくなります。

2月の宿泊療養の様子。四方を囲まれているので本当に部屋が暗い。4~5日目にめでたく(?)情緒不安定に。

 

ちなみに、たにしはこの療養生活で1kg体重が落ちました……

職場で「たにしさん、また細くなってる」、ママ貝にも「少しやせた?」と聞かれて、「ハハハそんなまさか……」と体重計に乗ってみたらば……

これ登山で鍛えた筋力落ちてるんじゃないの???

2022/08 熱病は突然に……

たにしです。

熱病って、いきなりかかるから困りますよね。

うんうんとうなされ続ける羽目にあいます。

 

あーーー!!!! EOSのミラーレス!!! ツァイスのレンズー!!!!

 

 

R6を誘惑するかえる

かわず氏に「たにし、R6はいいらしいですよ」

このかえる、また要らないことを……

数か月前に、かわず氏はうっかりミラーレス欲しい病を熱に浮かされたようになっていました。

「α7ⅱが欲しい……手に入れたら軍幹部を移植して格好よくするんだ……」「Zシリーズが気になってカメラ屋で説明受けてきた、カタログもらってきた」ともう、病気のそれ。

いろいろあって「僕に本当に必要なカメラの性能は70Dだと悟った」とたにしのカメラを勝手に神認定してました。最終的に50-500mmのシグマのレンズを買って落ち着いたらしいんですが。

先日、R6で撮影した写真を見る機会があったらしく、勧めてきました。

たにし「R6じゃダメにぃ……たにの使い方から考えると防塵防滴がいるにぃ」

かわず氏「まあ、登山でミラーレス持ち歩くのは不安だな」

普通の山どころか、冬の低山登るような貝なので、希望は防塵防滴です。

(その後R6を雪山で使用している方がいらっしゃったので、まあありかな、とも思いました。)

R6は手振れ補正が入っているので、たにしみたいなぺーぺーでもきっとすごい写真が撮れるはず。

たにし「でもミラーレスに変えたところで70Dとたいして変わらないから、ミラーレスの恩恵は受けられないにぃ」

実際にR5を触ったことがあるんですが、「軽くなった」という気はしません。本体重量だけでだいたい70g程度の差しかないので、軽量化の恩恵はなし。

かわず氏「EOSRと比較しても画素数が少ない?それはいいじゃないですか、階調豊かに写りますよ」

たにし「にぃ……でもいらんにぃ……持ってても、たにしはいい写真はとれんにぃ」

たにし程度の腕では70Dですら勿体ないと思うのですがね……

 

格好いいカメラの定義

かわず氏「たにし、格好いいカメラって何だと思いますか?」

たにし「メカメカしいデザイン」

かわず氏「メカメカしいってwww具体的には?」

たにし「OLYMPUSのカメラが見た目は好きぃー」

かわず氏「富士フィルムもデザインいいよね。そう……APS-Cでここまでできるのに何故Nikonは……(くどくどくど)」

どうやらかわず氏は、現在のミラーレス機のデザインについて思うところがあるようです。

かわず氏からはよく「何故カメラのデザインはレトロなものが格好良く感じるのか?」ということを熱弁されるのですがあれは不思議ですね。

トロデザインのカメラはそれだけで欲しくなります。

個人的にOLYMPUSのOMシリーズが好きですが、可愛さだけならPENもいいですよね。

一方かわず氏的にはNikon Zfcはもっとデザイン頑張れ、らしいです。

たにしからしてみたら、Canonトロデザインはよ出せ、なんですがね。

たにし「Canonからレトロデザインのミラーレス機出たら、70Dから速攻乗り換えるにぃ」

 

レンズ性能について

かわず氏「たにし、レンズの性能の表の見方について教えましょう」

たにし「にぃ……」

たにしの愛用レンズ、シグマの17-70mmf2.8-4を例に挙げ、「よって50mm付近で撮るのが一番歪みが少なく撮れる」と力説してくれました。

また、150-600mmのレンズについても、「望遠は絞って使うもの」「このレンズは絞ってもいける」と言っていました。

たにし「でもレンズならやっぱり一生に一回はツァイスが使いたいにぃ」

そうです、憧れるのはツァイスです。

かわず氏「マクロプラナーか……今いくらくらいかな?」

たにし「マクロプラナーは生産終了したから、後継モデルが出てるにぃ。ミルバスって言うんだけど……へぇ、ツァイスはレンズに鳥由来の名前をつけるのかー」

かわず氏「それは知らなかった」

たにし「マクロプラナーはなかなか中古市場に出てこないよ」

かわず氏「手放す人がいないのかな」

そうやって調べ始めたら運の尽き。

 

たにし「ミルバス、アーーーー!!!!」

 

たにし「こう考えよう。12万のレンズを買うとする」

かわず氏「おう」

たにし「1か月1万円だ。そして1か月に撮影する写真枚数はだいたい1000枚」

かわず氏「え、そういう計算する???」

たにし「そうすると、1回シャッター切るごとに10円でツァイスで写真が撮れるんだよ! お得だね!!

 

もはやカメラ趣味特有の頭おかしい計算方式である。

 

もっと頭おかしいのは、「まあツァイスのレンズだし、いらなくなったら売ればほぼ元がとれるだろう」という、投資的考え方をするところだと思います。(絶対売らないのに)

2022/08 ヤツは忘れた頃にやってくる……9日目

たにしです。

ぼーっとしていたら、療養生活の9~10日目が終了いたしました。

うれしはずかし陰鬱社会復帰もいたしました。思った以上に職場で罵られていなくてほっとしました。

石川県は今、誰がかかってもおかしくない状態。コロナに罹ったからと村八分にされることがないのは、それだけで救いです。

 

7:00 起床

少しずつ起きる時間が遅くなってきていることに焦りを覚えます。

たにしの起床時間は5:30~6:30の間。障子の部屋なので、問答無用の自然光目覚ましで起床できます。自然が遠のく現代社会、古来からの日本家屋こそが日本のあるべき姿なのではないでしょうか?

 

7:30 朝ごはん

そろそろいろんな食材がなくなりつつあります。もうあと2日というところで冷蔵庫の残りに不安を覚えます。満タンでなければならないという変な危機意識です。こういうところが、トイレットペーパー争奪戦を生むのでしょう。

カットキャベツはサンドイッチにも添えにも使えるのでとても便利です。

最近はレモン汁とこしょうとオリーブオイルでかけて食べるのが好きです。

チーズは燻製で作ったもの。おいしい。味がわかる。

本当にコロナかな???

足りなくてシュークリームを食べたり。

 

8:30 アルバムを作る

勢いに乗っているので、友人の結婚式(4年前)のフォトブックを作成し始める。

写真を選ぶのは楽しいです。この時の幸せな空気が蘇ってきました。

 

が、この時は今ほど写真が撮れるわけではないのでホワイトバランスが酷い酷い。

「使っていたカメラが70Dじゃなかったから」とかいうどうしようもない言い訳をしつつ、フォトショで色味修正をし始めますが、だんだんと気が滅入ってきます。

たにしがコンデジが苦手な理由はここにあります。一眼は触る場所さえ覚えてしまえば、露出補正、感度、シャッター速度がいじれるので使い慣れないコンデジは大変だった記憶があります。

 

11:30 昼ごはん

あるもので食べます。白ご飯は残り物。面倒なので、一気にレンチンしました。

 

13:30 アルバムを作る

この日はアルバムを作ろうとひたすら必死でした。

でもだんだん行き詰まり、一日が終わります。

たにしのこういうところが時間の使い方下手なのです。

 

19:30 夜ごはん

残っている鶏胸肉でから揚げを作りました。

鶏胸肉は戻ると10日くらい前に購入したものです。まだ食べられる。

餃子はふくちぁん餃子。最近は無人販売があって良きですね。ご好意でいただいたイチジクなども使いました。

 

20:00 動画を見る

メタルギアソリッド4とか、解説動画とか。

あとはたぶんお気に入りのアニメを見ていました。


www.youtube.com

 

コミックスも。

 

22:00 就寝

なんやかんややって就寝

 

ぼーっと一日が経過するので、何をやったのか覚えていません。

スマホで写真を撮ったりもしていますが、それすらもご飯しか撮ってない。

カット野菜の万能性やつくり置きの大事さを実感しています。

2022/08 フォトブックの話

たにしです。

7月から自分の生活を見返してみて、思いのほかいらないものが多かったと感じています。

引っ越しなどは一つの生活の見直しですね。「いつかのために」ととっておいても、使わないことの方が多いです。

そして、とりあえず肥やしになっている写真をフォトブックにしよう、と、自宅療養の暇つぶしに始めました。

 

 

フォトブックと言えば、たにしが使ったことがあるのは、

・しまうまプリント

・ノハナ

・Dream Pages

です。

たにしは、頼まれて作るフォトブック制作はしまうまさんにお願いしますが、金に糸目をつけない自分のためだけのフォトブックなら、Dream Pagesさんに頼んでいます。今年の9月末でやめるのが残念でなりません。 

 

しまうまプリントさんのいいところ

・圧倒的コスパ、90ページを超えても商品によっては1000円以内。

・早い(1週間くらいで納品される)

・巻きカバーがおしゃれ

→なので、たにしは頼まれた大人数向けのフォトブックはしまうまさんに頼みます。

 

で、個人的にDream Pagesさんの推しな理由は、

・発色や光沢の綺麗な紙

・外カバーを付けてもらえる

・オンライン上の作業なのに自由度が高すぎ

などなど。

→値段も高いので特別な時に使います。

が、仕上がったフォトブックは、旅行記など作って友人に渡すと「わああ!!」と喜んでもらえます。いやほんとに。カメラ趣味をしていてよかったと思えるぐらい。

「あんなに喜んでもらえるならどんだけでも作るよ」と思えます。

 

でも辞めちゃうし、他のサービス探さないといけないな、と思っていたら、しまうまさんが新規サービスはじめてました。

www.n-pri.jp

 

しまうまプリントさんをあまり使わなかった理由として、写真の鮮明度と彩度が低いことがあります。

紙質がややマットというかざらつくので、エモい写真ならいいんですが、たにしは「めっちゃきれいな風景写真」とか表現したい時はどうしても避けてしまいます。

実際に、かわず氏の知り合いの方で、しまうまさんで写真集作って販売している人もいます。フィルム写真やスナップなどやる人はもしかしたら向いているかもしれません。

そしたらしまうまプリントさん、オフセットの上位プランつくってきたじゃないですか。

これは……

というわけで、今回、かわず氏ポートレートのフォトブックを作るにあたり、使ってみました。

これとは別件で、白山のフォトブックをDream Pagesさんに頼もうと思っています。

 

最近は使っていませんが、ノハナさんもお安くていいですね。

写真のレイアウトが少ないので自由度はありませんが、形がスクエアなのでどんな写真流し込んでもエモくなります。詳しいことは分からないですが、触った感じ、紙や印刷の雰囲気はしまうまさんのライトに近い。でも紙の色が白いのはノハナさん。

プレミアムは使ったことがないですが、通常の場合は表紙が痛みやすいかな……?

nohana.jp

 

気になるフォトブックは無印良品さんのBON Order Book。

bon-book.jp

面白いのは布を使った表紙。これはあまり他にはないサービスだと思います。

残念なのは、たにしの写真がこのおしゃんてぃな表紙に合わないので使いどころが思いつかないことです。(……いや、友達の結婚式のフォトブックにつかえるか……ワンチャンある?)

その他、オリジナルノートも作れるようですし、最近のフォトブックは面白いです。

 

最近の写真はデータが当たり前です。

データになれば、スペースとらないし、処分するストレス感じなくていいし、現像やプリントしなくていい。

確かにメリットは多いです。

しかし、プリントアウトした写真というのは、なかなかいいものですよ。

 

なんたって、額に入れるだけでド下手でも作品に見えますから。

 

というのは冗談で、フォトブックという形にすると、思い出が手の中に残っている感じがします。

というわけで、数年間ほったらかしになっている、友人の結婚式のフォトブックづくりにいそしもうと思います。

2022/08 ヤツは忘れた頃にやってくる……8日目

たにしです。

療養生活もほぼ終わってきています。今のコロナは症状があまりないんでしょうか?

とはいいつつも、なんとなく肺が重たいなぁと思う今日この頃です。しっかり深呼吸しよう。

 

6:30 起床

やや起床時間が遅くなってきています。ここにきて、「眠い」と思うことが増えました。何たる怠惰。

ごはんを作るまでの時間、タイムラグがあります。

恐らく、動画見ながらうだうだしていたのでしょう。

たにしの悪いところなのですが、1つ気になることができたら、イヤーワームみたいに頭から張り付いて離れなくなり、それしか考えられなくなります。

たにしはイヤーワーム思考バージョンと呼んでいますが、切り替え方法は無理やりでも他のことをして注意をそっちに向けるくらいしかできません。

あと、似たようなことですが、たにしは部屋着だと一日部屋着になってしまうので、リセットの意味も含めて着替えるようにしています。じゃないと簡単に横になって寝てしまうのです。

 

7:30 朝ごはん

「とっても、めんどくさい」と思っていたことを思い出しました。

御覧頂きます通り、療養生活が長くなりますと、生野菜がなくなります。

かろうじて冷蔵庫に残っていたキュウリを浅漬けにして出していますが……

石川県は単身者など食事の買い出しに行けない人に対して、レトルト食品とかは送ってくれるらしいんですが、野菜どうしろってんだ野菜。

とりあえずかわず氏が大量購入してくれた野菜ジュースがあるので、それで乗り切ります。

たにしのお気に入りはこれ。甘くないから嫌っていう人もいますが、慣れたらおいしいですよ。安いところだと1本90円くらいで手に入ります。

卵系サンドイッチ+ヨーグルト+野菜ジュースでもいいくらい。

 

8:00 洗濯

することがないので洗濯機を回します。

 

9:30 スマートグリル片付け

前日に燻製をしているので、そのスマートグリルを片付けます。

kawazutanishi.hatenablog.com

アルカリ電解水をかけておけば、油汚れは取れやすくなります。

余談ですが、アルミ製のクッカーなどには重曹、アルカリ電解水は使用しない方がいいです。アルカリはアルミを腐食しますので。

実際にそれでクッカーの表面ダメにしています。(理系(笑)乙)

 

あと、「メスティンで燻製できるよ!!」といろんな場所で紹介されていますが、あれやるとメスティン変形したり穴開いたりするらしいので、覚悟が必要ですよ。

 

10:00 フォトブックを作る

この休み中、フォトブックは3冊目となります。

1冊目→かわず氏から頼まれたもの

2冊目→実験的に作る白山登山をまとめたもの

3冊目→かわず氏ポートレートを集めたもの

かわず氏ポートレートは一回まとめようと思ってデータだけ分けてあったんで、それに多少足す形です。一年半くらいで100枚以上の写真集められるんですから、しばらく作らなくていいですね。

その時によって写真の雰囲気が違いますので、どうまとめるかが悩ましかったのですが、今回の件で少し傾向が見えてきました。

オールドレンズだけ、フィルムだけ、格好いいのだけ、コスプレだけ、スナップだけ……

みたいならよかったんですが、たにし全部混ざっているので、どう組み合わせても気持ち悪くて。

なので、時系列で、見開きで同じ日、同じ服装でまとめたら見れる程度にはなりました。

それでも人物写真ばっかりで目線が全部こっちに来るのは疲れるので、背中向けているやつ、広角で撮ったやつ、小物などを組み合わせたり、あえて空白を大きくとったりしました。ある程度やりはじめると、コツのようなものが見えてきて楽しくなりまして。

結果、一日かけて94Pの超大作が出来上がりました。(かわず氏「は?!?!」)

これちょっとした写真集だぞ……

今日ちょっと見直してから発注かけてみようと思います。

 

12:00 昼ごはん

朝ごはん見て頂いたらわかるんですが、ボリュームなさすぎておなかすいてました。コーヒー飲んだってお茶飲んだって、おなかすいてしまいます。

が、面倒さが勝って冷蔵庫の中にあるものを添えるだけになりました。

 

これからしばらくずーっと写真をいじくりまわしていました。

 

19:30 夜ごはん

そもそもある食材で作るので質素なものです。

気になっていたのでメタルギアの本当に初代のプレイ動画など見ていました。

何だろう、あのピコピコ音……落ち着く……

 

22:00 就寝

疲れたら寝ます、大事ですね。

 

関係ないですが、石川保健所から、「健康観察の入力がされていない」って毎日連絡くるんですが。かならず10時くらいにいれているんですけど、どこかで不具合でも起きているんでしょうか?